新規会員登録登録はこちら
『パチスロ ゼーガペイン』

ごあいさつ

さてさて、まんさいでの2回目の実戦として『パチスロ ゼーガペイン』の新装初日に挑んできたので、早速そのレポートをお届けしよう。何度もショールームにて試打を行ったため、おそらく打ち手側ではもっともパチスロゼーガペインに詳しいであろう自分が実戦に赴くのだから、何としても勝ちに行きたい所だ。

本機の詳しいスペックや演出に関しては、ショールーム試打レポートを参照して頂くとして、そちらを読むのも面倒だという方向けに簡単に説明だけしておくと、本機は擬似ボーナス「リザレクションチャンス」とAT「ゼーガラッシュ」の連チャンで出玉を伸ばす、ボーナス非搭載のAT機種だ。

  • パチスロ ゼーガペイン プレミアム実戦

19日の朝イチにお店へ到着すると既に10名ほどが並んでいた。『ゼーガペイン』の導入台数は5台と、そもそも台の確保ができるかどうかが怪しかったのだが、同日に導入された『パチスロ戦国乙女』にも人が流れたため、私と編集H氏の分を難なく確保できた。
……というのは建前で、実はこの日は『戦国乙女』に挑戦するつもりで並んでいたのだが、丁度自分の手前で『戦国乙女』の整理券が切れてしまったため、予定を変更して『ゼーガペイン』実戦と相成ったのだが、これが思わぬ幸運であった事に気付くのはもう少し先の話。

  • パチスロ ゼーガペイン プレミアム実戦

朝イチから打ち始めて19本目の投資からの、本日5回目の「シズノ覚醒ゾーン」を引き、「お前さんは本当に33%の期待度なのかい?」と訝しげにレバーを叩いていた所、あっさり2回のレベルアップを引き当て、多少投資は嵩んでしまったものの、2回の「リザレクションチャンス」を獲得してしまった。
早速の「ゼーガラッシュ」及び「ゼーガシステム」突入の大チャンス、ここから大きく出玉を伸ばせられれば、ショールームでの一撃4500枚、欲を言えばそれ以上も望めるだろう。
シズノ先輩疑ってごめんなさいと、気持ちも新たにボーナスを消化していった結果は果たしてどうなったのか、それは次ページの実戦データで確認して頂きたい。

新規会員登録登録はこちら