新規会員登録登録はこちら
スロット 機動戦士ガンダム

台を見るだけで設定を見抜ける的な能力が欲しい

『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』で100本負けた次の日に、『パチスロ コードギアス』で120本取り返すという波瀾万丈な年末を乗り越えて、今回は『パチスロ機動戦士ガンダム』の新装実戦レポート。原作アニメが大好きなので、非常に気合が入っております。

なお、打ち初めと2戦目はどちらも『CR百花繚乱 サムライガールズ』で済ませて連戦連勝中。この流れを掴んで、今回の実戦もがっちりと勝ちに行きたい、たけしな竜美です。

  • スロット 機動戦士ガンダム

「機動戦士ガンダム」、通称「ファーストガンダム」。これは、1979年に地上波で放送されたアニメなのだが、いまなお高い人気を誇り、かつその血脈を受け継いだシリーズ新作が次々に制作されているという、1980年代を代表するアニメのひとつである。

  • スロット 機動戦士ガンダム

何はともあれ、とにかく知っておいて欲しい事と言いたい事を先に述べておこう。

「ファーストガンダム」は、オタクなりアニメファンなりを名乗るならば、必ず知っておかなければならない必修科目である。

何故ならば……

※編注)長すぎだったので中略。

  • スロット 機動戦士ガンダム

まだまだ全然まったくもって書き足りないが、これ以上続けると止まらなくなるので、ひとまずは『パチスロ機動戦士ガンダム』の簡単なスペックからお伝えしよう。
本機は1セット33G+8Gの継続バトル+ゲーム数上乗せで構成される、純増2.3枚、50%~91%+αの継続率管理のART「ニュータイプBONUS」を搭載したART機だ。基本的にはARTのセット継続で出玉を増やしながら、レア役によるゲーム数上乗せ、上乗せ特化ゾーンによる大量出玉獲得も可能としている。

  • スロット 機動戦士ガンダム

さて、新年早々の新装実戦という事で設定状況に不安な所はあるものの、「ガンダム」に対する思い入れさえあれば何とかなるはず!

そんな意気込みで挑んだデータを次ページからご参照頂こう。

新規会員登録登録はこちら