新規会員登録登録はこちら

パチスロ 創聖のアクエリオンII

パチスロ 創聖のアクエリオンII 攻略特集

ごあいさつ

どもどもども!
まんさい実戦で2回続けて10万オーバーというプラス収支を叩き出し、一気に勝ち組の仲間入りを果たした保田のけいたんも羨む……ことはないでしょうが超超超・イイ感じ♪なゴンスケです。
ちなみに、つい最近何の気なしに『モンハン』打ったら、1Kで人生初の「ラージャンボーナス」を引き、さらにそこから突入したART中に「クエストGフリーズ」が炸裂。
一撃4,000枚強のコインをゲットしました。

ただ、換金額は20,000円でした……。

さて。
勝ちのバイオリズムの真っ只中にいる私が今回挑戦するのは、SANKYOの持つキラーコンテンツの最新作『パチスロ 創聖のアクエリオンII』であります。
約1年ほど前の『CRフィーバー創聖のアクエリオンIII』実戦でも申し上げましたが、私は大の「アクエリオン」好きでして。
「EVOL」も含めてアニメを全話見た(DVD)のはもちろん、スーパーロボット超合金のソーラーアクエリオン(定価5,040円)を買って部屋に飾っちゃっておりますから。

ただ、リアルタイムで見たわけではなく、定価20,000円超の「デラックス超合金 創聖合体アクエリオン」を買ったわけでもないので「ミーハーなだけじゃん」と言われても反論はできませんが、まあ好きなんですよ。

でもね、そんな「アクエリオン」好きな私でも、前作の『パチスロ創聖のアクエリオン』はほとんど打ちませんでした。
演出はまあいいとして、自力感を前面に押し出したゲーム性がニガテでして。
いくら設定が良くても、不動ナビをハズしまくると勝ちは見えてきませんからね。

そして今回打つ『パチスロ創聖のアクエリオンII』は、前作以上に自力感バリバリのゲーム性を持っております。
自力解除ゾーン「不動モード」、ART中の「不動ナビ」、「創聖(星)モード」、「スーパーBIG」……。
もう、機種名を『パチスロ不動GEN』にした方がいいんじゃね? なんて思うくらい、至る場面で己の第六感が試されるマシンなのであります。
初代同様、4種類のボーナスと純増約1.5枚のARTで出玉を増やすという点に関しては、現在主流となりつつある擬似ボーナス搭載のAT機とは違って好印象ですね。
パチスロはボーナスを引けてナンボですから。
あとは前述しました「自力」の要素が、どれだけ出玉に影響するのか。
とにかく色々考えながら実戦に臨みたいと思います。

そして実戦当日。
まんさい実戦ではよくお世話になっている6枚交換の都内O店に、開店20分前に到着すると先客は3名。
この日は導入3日目でしたが、相変わらずの客足の遅さであります。
台確保をしくじることはありませんからとりあえずヨシとして、あとは前日の下見で目星を付けていたカドの556番台に座れるかどうかでしょう。
私の前に並んでいた、20歳ほど年をとった坂上忍風のおっさんが吸うタバコの煙をシャドーで上手くかわしながら、開店時間を待ちます。

で、開店時間となり『アクエリオンII』のシマへ向かうと……。

そこには、我が本命台にタバコをシュッと投げ込む坂上忍風の姿が!

本命台以外はまったくノーマークだったので、慌てて過去2日間とも客側のマイナスであったであろう558番台を確保。
コレで坂上忍風の台が噴いたら、我が好調のバイオリズムにも悪影響がありそうな……。
とりあえず気を取り直してシコシコ打ち始めると、何と坂上忍風の台がいきなり「地下神殿」に突入しているではありませんか!
コレが「設定変更による天国モード移行のサイン」なのか、「前日に地下神殿でヤメた台が据え置いてある」のかはわかりませんが、なんとな~くイヤな予感がします。

果たしてどうなることやら……。

新規会員登録登録はこちら