新規会員登録登録はこちら

CRぱちんこ仮面ライダーV3

CRぱちんこ仮面ライダーV3 攻略特集

ごあいさつ

ここ最近パチンコで実戦する機種は、ほぼ大当り確率が1/300未満ばっかりという、軟弱者になってしまったヒット・ボーイっす。

そんなヒット・ボーイに、久しぶりの実戦依頼が舞い込んできましたよ。
「えっ? ブ、ブ、ブルース・リーですか?」と、とぼけてはみたものの、先方は確実に『CRぱちんこ仮面ライダーV3』と言ってるんで、どないしまひょ。
MAXタイプ全盛の昨今「MAXタイプはちょっとパスしたいんですけど」とのたまったら、1年くらい実戦依頼が来なくなるかもしれず、それはそれで困るしなー。
過去まんさいのMAXタイプ実戦は、けっこうな確率で勝たしてもらってるんで、今回もなんとかなるかな? などと1.8秒くらいで考えて「やります!」と元気よく言ってしまった。

あーあ

考えてみれば「ライダー」シリーズとの相性も悪くないんですよ。前作の「CRぱちんこ仮面ライダーMAX EDITION」では最高26連という輝かしい記録を持ってるし、さらに遡ればライトミドルの「CRぱちんこ仮面ライダーショッカー全滅大作戦」では、ぶっとびの55連をかましてるんでね。

「V3」は、ヒット・ボーイがあまり好きではないMAXタイプのSTだけど、低確率中のヘソ入賞時の潜伏確変の割合が7%と少ないのもイイしね。

簡単にゲーム性を解説すると、通常時の図柄揃い大当りは無条件で電サポ付きSTの「ハリケーンモード」(80回転)に突入。モード中は基本的にV3orライダーマンが怪人やデストロンを倒せば大当りというわかりやすい演出で、終了後4回転は電サポなしのSTとなるんだな。

通常時は「潜入モード」突入で、ハズレor小当りor潜伏確変or突然確変or大当りと多彩。「潜入モード」に突入して盤面左下のランプ点滅が止まらないままリーチがかかったら、小当り以上濃厚みたいだよん。
潜伏確変の場合はSTが終了するまでモード抜けはなく、またアタッカーがパカパカしている時に、盤面左下のランプの停止パターンで判別できるので、前作と比べるとかなり良心的なんだよね。

ところで、本編の「仮面ライダーV3」だけど、ヒット・ボーイはリアルタイムで毎週観てましたよ。ストーリーなんてほとんど忘れちゃったけど、怪人の名前が生物を単純にくっつけたものが多かったので、そればっかり印象に残ってたりするんだな。
本機で登場している、カニレーザー、カメバズーカ、サイタンクなんてそうだしね。他にナイフアルマジロとか、ジシャクイノシシとか、ゴキブリスパイクなどなど、ってこう書くとスゴい安直な名前の付け方だなー。

それと本機でも活躍しているライダーマンだけど、ヒット・ボーイは嫌いだったんだよね。マスクが安っぽかったのと、どっちの味方なんだよって思ってね。今改めてその生い立ちを確認すると納得できるものがあるんだけど、観ていた時は小学生だったから仕方ないやね。

で、実戦決行日だけど、22日に1ぱちも含め56台も導入される、地元埼玉県のP店に決定。開店30分前に先着順に入場整理券が配られるので9時くらいに行けば大丈夫かな。

なーんて思ったのに、都内の導入初日である21日。22台導入されているとあるホールに午後1時くらいに行ってみたら、奇跡的に3台も空いてるじゃありませんか。こりゃ座るしかない! ってことで一番近くの空き台をゲット。

さっそく打ち始めてみると…………………回らない、とにかく回らない。最初の1Kで8回、次の1Kで11回。いやー、空いてる意味わかりましたよ。

こりゃ粘れんわ。

まあ、たまたまということもあるので10Kは打ってみようと思い、結局118回転で終了。さすがにこれじゃダメっす。導入初日でこの釘調整って何ですかっ! 打ってる間に何人も入れ替わるし、ヒット・ボーイが打った台がたまたまってわけではなく、ほぼ全台がこんな感じなんだろうね。

二度と新装でこのホールには来ねえぞ! と1万円で学習させてもらいました。

翌日の22日。気持ちを改めて当初予定していたP店へ。少し早く起きてしまったので、8時40分くらいに付いたところ30人ほど並んでいましたよ。
9時には60人前後並んでいたんで、予定どおり9時に来たらヒヤヒヤもんでした。

  • CRぱちんこ仮面ライダーV3 実戦

先着順なんで、確実に座れる順番を手に入れ、いざ出陣だ。キイィー!

新規会員登録登録はこちら