新規会員登録登録はこちら

パチスロ北斗の拳 転生の章

パチスロ北斗の拳 転生の章 攻略特集

ごあいさつ

梅雨入りした模様という発表とは裏腹に、雨がほとんど降らない状態が続いていて、何だか拍子抜けしてしまいそうな天候なんだけど、この発表って後で修正できるみたいなんだよね。

実際に何度か修正されてるみたいだし、おそらく今年も後で修正されるんじゃないだろうか?

まあ、天気予報って100%当たるもんでもないし、3ヶ月予報なんて印象的には間違ってることのほうが多いような気がするし……。一般的にはどーでもいいことなんだけど、経済界とか季節に関連した商売をしている方にとっては、けっこう重要な情報なんだよね。

で、その情報を信用してしまったばかりに、とある物品の在庫が大量に余ってしまったとか、逆に物品の在庫が早々になくなってしまったとかというトラブルも毎年のようにあるからなー。

昨今、様々なメディアの発達によりありとあらゆる情報が垂れ流し状態で、ウソの情報もまことしやかに流れており、物にもよるけど、その中から本当の真実を探り出すのは容易ではないんだよね。

で、今回実戦する『パチスロ北斗の拳 転生の章』なんだけど、導入以前の前評判のほとんどはネガティブなもので、肯定的に捉えた情報があまりにも少なかったのは、それだけ期待されている機種だからこその宿命か、それとも真実なんだろうか?

梅雨からの強引な持っていき方に、ややムリがあった気がしないでもないけど、まんさい実戦連敗中ヒット・ボーイっす。

でね。
ヒット・ボーイが打つ前から『パチスロ北斗の拳 転生の章』の様々な情報がビシバシ入ってくるんで、そのネガティブな情報が脳内で増殖しちまって、こりゃイカンわなっつーことで導入される前に、メーカーさんにおじゃまして打たしてもらいましたわ。

で、ヒット・ボーイなりの感触は、今まで慣れ親しんでいるARTやAT機と違った面を持ってるけど、ここ最近のART&AT機の行き詰まった閉塞感を考えると、新鮮味があっていいかも? 的な感じだったんだよね。

ゲーム性を説明すると、通常時からAT「闘神演舞」に突入するルートは2つあり、1つはレア役からの直撃。そしてもう1つは、ゲーム数解除ではなく規定「あべしカウント」到達からの解除
この「あべしカウント」は、基本的に1Gにつき1あべし加算されるようになっているけど、「天破の刻」という「あべしカウント」上乗せ特化ゾーンというのが存在し、ココで大量上乗せに成功すると大チャンス。「あべしカウント」数がAT解除までのカウント数に達していれば、「天破の刻」終了後に発生する「あべしチャレンジ!!」でAT発動となるわけ。

このため、100Gくらいで1000あべし以上獲得することもあり、通常時はいかに「天破の刻」に突入して「あべしカウント」を貯めるかが重要となるわけだ。
で、この「あべしカウント」だけど、「天破の刻」で1000乗せた後に500あべしだけ使ってATが発動した場合、残りの500あべしはAT終了後そのまま繰り越せるので、AT終了後次回AT発動までの規定「あべしカウント」数が少なければ、残りの「あべしカウント」で何度もATが発動することもあるわけ。

またAT「闘神演舞」は40G固定で、このAT中は「勝舞魂」を貯めることで「闘神演舞」終了後に突入する「神拳勝舞」でのバトルを有利に進めることができるんだなー。

基本的に「神拳勝舞」は「勝舞魂」1個につき1Gのバトルが展開し、その勝率はトータルで1/5だが、レア役成立時は大チャンスとなり、ケンシロウ勝利で「神拳勝舞」継続となるのだ。

通常時には「あべしカウント」、AT中は「勝舞魂」と、貯めることを主眼としたゲーム性が万人受けするかどうかは、導入後最低でも1週間ぐらいは様子を見ないとわからないかもしれないが、閉塞感打破のカンフル的な役目をするのは間違いないように思う。

とまあ、なんだかんだ言っても、自腹で打ってみないことには正直なところ書けないんで、ここ最近3連発でクジ運の悪さを発揮している、埼玉県P店で6月4日の新装初日に真剣勝負することに。
で、今回もクジ運悪く導入数よりもかなり後ろの入場番号を引いたら、速攻で東京都のW店に移動する計画を立てたんだけど、さすがに4連発はないよね。

実戦当日。 9時半から抽選開始なので、10分ほど前に到着。すでに40人ほどおり抽選が開始された時には70人強に。導入台数は44台(うち5スロに2台)で、他にパチンコが数台導入されるんで、50番以降を引いたらまずアウトだろうね。

ということで自分の番が来て、バシッとパソコン抽選器のボタンを押したら41番

  • パチスロ北斗の拳 転生の章 実戦

たぶん大丈夫だろうけど微妙な順番だよね。

入場時間になって、早足で『北斗』が設置されているシマまで辿り着くと、手前のシマはすでに満席で奥のシマへ移動。すると、まだ空台がチラホラあります。とにかく台を確保することが優先なので、一番近くにある空台を確保して実戦を開始。

『北斗』のまんさい実戦は、一昨年の『パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説』で+17K。今年の『ぱちんこCR北斗の拳5覇者』で+52.5Kと相性がいいので、今回もドカッと勝ってみましょうか。

新規会員登録登録はこちら