新規会員登録登録はこちら

CR必殺仕事人お祭りわっしょい

CR必殺仕事人お祭りわっしょい 攻略特集

ごあいさつ

ども。
約一ヶ月ぶりの登場となります、ネガティブライター・ゴンスケです。
この一ヶ月は何をしてたかと申しますと、シコシコとオナ……失敬。原稿を書き続けていた次第でございます。
忙しさから帰宅時間が遅くなりすぎて家族と夕食を共に出来ず、嫁に「すれ違いは離婚のもとだよね。」と三行半(「みくだりはん」って読むんだよ)一歩手前を突きつけられたので、今後は仕事量を減らしていくべきかどうかと悩んでおります。
結婚ってムズカシイ……。

さて。
どうでもいい(こともないけど)身の上話は置いといて、今回の実戦で対決するのは京楽産業.さまが誇る超人気シリーズ『CRぱちんこ必殺仕事人』の最新作、『CRぱちんこ必殺仕事人 お祭りわっしょい』です。
一番の特徴は、超ロング稼動を見せた人気マシン『CRぱちんこ銭形平次withチームZ』のスペックをほぼそのまま踏襲しちゃってる点ですかね。
『仕事人』の演出を、「ライトミドル」というスペックの良さを世に知らしめた名機のスペックで楽しめちゃう注目のパチンコ機でございます。
その他スペックの詳細や液晶演出に関しては、攻略情報をご覧くださいませ。

ただ、ココでカミングアウトさせていただきますが、実は私、『仕事人』シリーズは大のニガテでして。
2007年に登場した『CRぱちんこ必殺仕事人III』で大負けしてから今日この日まで、これまで何度もシリーズ機がリリースされてきましたが、一度も触らずに過ごしてきた次第でございます
『仕事人』に限らず、時代劇モノは性に合わないというか何というか、キライなんですよねぇ。
もちろん、先述した『銭形平次』も打ったことはございません。
そんな私に『仕事人』の実戦を任せちゃって大丈夫なのでしょうか?

「だが、それがいい」なんて言う傾奇者が、まんさい上層部にはいらっしゃるんでしょうかね。

で、実戦当日。
ホールはいつもパチスロ実戦でお世話になっている都内O店を選択しました。

ただこのO店。

昔から新台は釘を激シブ調整にすることで有名なんですよ。
ある程度稼動が見込める人気機種にはお宝台を仕込んでくることが多々あるのですが、新台は全然ダメ。
以前、導入直後の『ぱちんこCR蒼天の拳天授』を打った際、1kで4回転しか回らず北斗の文句を店員に言いそうになってしまったこともありましたしね。

では、どのような理由でO店を選んだかというと、「編集部が近くて並びもユルいから」の1点に他なりません。
実戦後はこの日中に片付けておかなければならない原稿がありましたからね。
忙しさって、色んな意味で罪です。

開店と同時に『仕事人』のシマへ急ぎ、時間がないのでとりあえず一番ヘソ釘が良さそうな台をゲット。
そして打ち始めたところ、1kで15回転回ったので一安心。
本来なら安心してはいけない回転率ですけど。
こんなホール選びばかりしてるから、4ヶ月間負け続けるんですよねぇ。
いくら確率が1/200を切るライトミドルだからとはいえ、負ける時は負けますし……。
最初は「ライトミドルだから大負けはないっしょ」なんて軽い気持ちでいましたけど、ココにきて何だか不安になってきました……。

新規会員登録登録はこちら