新規会員登録登録はこちら

CR魔戒決戦牙王

CR魔戒決戦牙王 攻略特集

ごあいさつ

ども。
只今ボロ負け街道驀進中ゴンスケです。

前回の『CRタイガーマスク2』実戦でも綴らせていただいたのですが、パチンコ&パチスロには「勝ちが続く時期」と「負けが込む時期」がございましてね。
私は現在後者のカテゴリーに属しているのですが、なかなかどうして抜け出すことができません。
今年に入って、プライベート実戦も含めて6戦して0勝6敗。
打てども打てどもまったく勝てず、1月だけで収支は遂にマイナス200,000円を越えてしまいました。
釘が良かろうが設定が高かろうが、「ヒキ」が悪ければダメなものはダメみたいでね。
そして挙句の果てには5スロを打って20,000円も負ける始末。
どうすればこの負のスパイラルから抜け出せるのか、誰か教えて……。

そんなどん底状態の私に『CR魔戒決戦牙王』の実戦依頼が舞い込んだのですから、さてどうしたものか。
大当り確率は1/240の比較的甘めなミドルタイプですが、そこはさすがに『牙狼』タイプ。連チャンモードの「魔開チャンス」への突入率は50%のため実質1/480を引かなければ勝利は見込めません。
果たしてどうなることやら。

実戦当日。 都内の導入は全国より1週遅いため、今回は神奈川県のK市までちょっとした遠征です。
ちなみに神奈川県の開店時間は午前9時。
スケジュールの都合とはいえ、仕事休みである土曜日に6時半起きとはこれいかに。
これで負けたら死んでも死にきれませんな。

行き慣れていないK市のホール状況がまったくわからなかったため、実戦前日に編集部の人間から聞いた「A店(等価交換)は新台でも回すことが多い」という情報を頼りに、開店20分前にA店へ。
すると、入口で店員から渡されたのは……。

  • CR魔戒決戦牙王

やっちまったな、オイ!

回転率を語る以前に、台確保もままならない整理券番号です(A店の導入数は8台)。
客の大半がパチスロに流れることを祈りつつ入場すると……。

奇跡的に1台空いてる!
速攻で台を確保し、ホッとひと安心。
あとは回ってくれさえすればと祈りを込め、諭吉をサンドにぶち込みます。

ココで『CR魔戒決戦牙王』のゲーム性について軽く説明しておきましょうか。

本機は初代『CR牙狼』を彷彿とさせる、1種+2種混合タイプ。
通常時に図柄が揃うと50%の確率で「魔開チャンス」へ突入し、「魔開チャンス」中はスルー通過→ベロ開放→ベロ入賞→Vアタッカー開放→V入賞で大当りとなります。
なお、通常時に揃う図柄が3or7ならその時点で「魔開チャンス」が確定し、3or7以外ならラウンド中の「八騎結集チャレンジ」に成功で「魔開チャンス」突入です。

「魔開チャンス」中は、出現するゲートの種類によって発生する大当りが変化します。
「牙王ゲート」出現から発展する「魔廻VISION」大当りは、役物に「V」が出現すれば14Rで、V以外が出現しても「魔開チャンス」は終了しません。
「ホラー討伐ゲート」出現から発展する「ハンティングボーナス」は、ホラー撃破でラウンド数を決定する大当りで、コチラも発展時点で「魔開チャンス」継続確定です。
「魔戒決戦ゲート」出現から発展する「トーナメントバトル」は、自キャラが勝てば11R+「魔開チャンス」継続、負けると14Rとなり「魔開チャンス」は終了します。

以上です。
通常時の演出については、「攻略情報」をご覧くださいませ。
それでは、いざ実戦開始です。

新規会員登録登録はこちら