新規会員登録登録はこちら

第104回 情報は先に出した方が価値が高い

先週から今週にかけてはあまりパチスロを打たなかったまよっこです。皆さんご機嫌麗しゅう。お仕事で大量に漫画を読まなければいけなかったのでホールにいるよりも漫画喫茶にいることの方が多かったのです。

まったく打たなかったわけではないですけど、相変わらず打っても『モンスターハンター月下雷鳴』くらいのもの。友人と一緒に打ってたら、その友人がさらりとアマツさん引いてたわ。いや、うん。引ける時は簡単なんだろうけどね……。

そういえば、先日に『黄門ちゃま喝』で大連チャン後に1ゲームヤメしている台を見つけたので打ってみたんですよ。もしかしたら、ワンチャンあるんじゃないかと。
すると、御一行箱、印籠箱とも繰り越しポイントが結構潜伏していたようで、あっさりとダブル抽選。1,000円で500枚ほどゲットでき、最近のホール状況でもたまにはこういうの拾えるのね、と思って目からウロコでしたわ。

その帰り道に『黄門ちゃま』の解析を見ていたら「9回裏2アウト満塁からの場外ホームランは80%ループ」というのを知り、軽く涙した。ええ、先ほど引いたそれはきっちり60Gでしたからね……。

こういう感じで良くも悪くも「解析を知ってからマジかよ!」と思うことって結構ありますよね。過去に最もビックリしたのは初代『モンキーターン』の弱チェリーからの上乗せ率。確か25%だったと思いますが、解析が出るまでは2%くらいじゃねえかと思ってましたから。
ここ最近だと、『ひぐらし煌』のチャンス目出現率なんかは合算で1/250くらいだと思ってたわ。あまりにも引けねえって話で。

確率の偏りってのはどうしようもないもんですが、それが悪いほうに偏ると、その台の基本的な面白さを知る以前に足が遠のくことになるので非常にもったいない。もしかしたら、そうならないために基本的な数値を早めに出すのが昨今の流れだったりするのかな……なんて思う今日この頃です。
まぁ、早めに出したら出したで「こんな軽い確率しか引けねぇのかよ! クソ台が!」となってしまう人も同じ頻度で出てくるのでしょうけどね。

どうでもいいですけど、『ゴッドイーター』の規定ゲーム数振り分けなんかは、最初に出した方が稼働が上がってたんじゃないかなぁと思ったりもします。あの情報を先に出しておけば、ホールも色んな設定を入れやすかったと思いますし。

さてさて、今日から恒例のパチンコファン感謝デーが開催されます(7月31日~8月2日)。あのクジを引いてテレビとか当たったりするやつですが、こういうのもどれだけハズレがあって、当たりを何本入れているかを告知した方が、他店との差別化も図れますし、個人的にも楽しいと思うんですけどどうでしょうかね?
当たりだけ最終日に出すとかクソみたいなことをせず、そういうやり方も有りなんじゃねぇかしらと思いつつ、今日も元気に『モンスターハンター月下雷鳴』を打ちに行ってきます!

新規会員登録登録はこちら