機種名検索

logo

機種情報

ガン×ソード

ガン×ソード
  • 攻略情報
  • カキコミを見る
ガン×ソード

おすすめ動画動画番組一覧へ

通常時の小役狙い手順&フラグ解説

通常ゲーム中の打ち方&スラッシュゾーンについて

★通常ゲーム中の打ち方&スラッシュゾーンについて
左リール枠上~下段にBARを狙う。

なお、通常時は左リールにスラッシュゾーン(下記画像参照)を狙わないと、ゲーム数がカウントされなくなる恐れがある

ただし、ゲーム数カウントが1GストップするだけでAT抽選などが冷遇されることはなく、しかも高確率で3枚役が入賞するためコインのロスに繋がることはない。(1枚役が入賞すると通常ゲームに復帰)
もしスラッシュゾーン以外の部分を止めてしまったとしても、次ゲームから再びスラッシュゾーン狙いに切り替えれば問題なくプレイできるぞ。
なお、ナビなし時に左リール以外を第1停止させた場合は、他機種と同様に様々な抽選が冷遇されるペナルティ発生の恐れがあるので注意しよう。

左リールを止めた後は、以下の停止形に応じて残りリールを目押ししよう。

枠内にカギ爪図柄停止時→中&右リールにカギ爪図柄を狙う。

下段にスイカ停止時→中リールはカギ爪図柄を目安にスイカを狙い、右リールは適当に止める。

上記以外→適当打ちで消化。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

小役フラグの種類

★小役フラグの種類
小役狙い手順実行時は、以下の出目停止でチャンスとなる。

左リール上段or下段にカギ爪図柄停止→カギ爪図柄が並ぶほどチャンス。
単カギヅ目≪2連カギヅ目≪3連カギヅ目

ただし、左リール下段にカギ爪図柄が止まった場合、カギ爪図柄が斜めにテンパイすると「2連カギヅ目」ではなくリーチ目となる。

左リール中段にカギ爪図柄停止→停止時点でチャンス。
中段2連カギヅ目≪中段3連カギヅ目

左リール下段にスイカ停止→スイカ揃いは若干チャンスで、スイカが揃わなければチャンス目濃厚。

左リール上段にBAR停止→中段に「リプレイ・リプレイ・スイカ」と並ぶとチャンス目。

なお、チャンス目の停止形は上記以外にも存在するが、チャンス目成立時は全リール停止後にフラッシュが発生するため見逃す心配はないだろう。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

ペナルティの詳細

★ペナルティの詳細
■左リールにスラッシュゾーン(詳細は「通常時の打ち方」参照)以外を狙う
ゲーム数カウントがストップする可能性アリ。(厳密にはペナルティではない)

■変則打ちをする
様々な抽選が冷遇される恐れあり。

■押し順ナビ発生時の押し順ミス
様々な抽選が冷遇される恐れあり。

解析:ボッチshino

天井機能とヤメ時の見極め

損をしないヤメ時

損をしないヤメ時

有料会員専用の記事になります。

いますぐ会員登録

通常時のチャンスモード

ステージの種類がAT期待度を示唆

★ステージの種類がAT期待度を示唆
通常時に滞在する基本ステージは、「エヴァーグリーン」≪「ブリッジシティ」≪「ムーニェル」≪「ラビアンローズ」≪「ミズーギィ王国」の順にAT当選期待度が高まる模様。

また、特殊ステージの「ゾネット」に突入した場合は、カギ爪の男を発見できればAT当選濃厚となる!?

■エヴァーグリーン

■ブリッジシティ

■ムーニェル

■ラビアンローズ

■ミズーギィ王国

■ゾネット

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

ゲーム数消化によるAT抽選

★ゲーム数消化によるAT抽選
通常時は、規定ゲーム数を消化することでAT抽選が行われる

AT抽選までのゲーム数は内部モードによって管理されており、上位モードであれば早いゲーム数でのAT当選に期待できる。
ただし、本機ではゲーム数が進むほどCZの当選率がアップするため、下位モードで深いゲーム数が選択された場合はCZ経由でATに当選しやすくなるという特徴があるぞ。

内部モードは下記のように4種類あり、それぞれAT抽選が行われるゲーム数が異なる。

■32G周期モード
いわゆる天国モードで、32G、64G、96G、128Gがチャンス。
天井は128G

■64G周期モード
64G、128G、192G、256G、320Gがチャンス。
天井は320G

■128G周期モード
128G、256G、384G、512G、640Gがチャンス。
天井は640G

■256G周期モード
256G、512G、768G、1024Gがチャンス。
天井は1024G

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

2種類の自力チャンスゾーン

★2種類の自力チャンスゾーン
本機のチャンスゾーン(CZ)は2種類あり、レア役成立を機に突入する可能性がある。

■エルドラチャレンジ

10G継続し、消化中はリプレイ以外の役が揃えばエルドラVメンバー集結のチャンス。

メンバーが多く集まるほど期待でき、5人集まるとAT当選濃厚となる

■幸せの時


10G継続し、消化中はBAR図柄揃い確率が大幅にアップ
BAR揃いは高継続率ATの大チャンスとなるため、是が非でもBARを揃えたいところだ。

なお、液晶でBAR狙い演出が発生する際、文字が虹色だとBAR揃い濃厚に!?

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

AT中の打ち方&詳細

AT中の打ち方

★AT中の打ち方
押し順ナビ発生時→ナビに従って消化。

カギ爪図柄狙い演出発生時→逆押しで全リールにカギ爪図柄を狙う。

揃えば「OVER FLOW」発動確定。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

AT準備状態のポイント

★AT準備状態のポイント
ATに当選すると、まずは準備状態に突入。

ココでボーナス図柄を揃えるとAT発動となるが、揃う図柄によって継続率が変化し、赤7≪青7≪BARの順に高継続に期待できる。

また、図柄揃い時に発生するキャラクターのオーラは、その色で継続率を示唆。

白≪青≪黄≪の順にアツいぞ。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

AT「リベンジバトル」概要

★AT「リベンジバトル」概要
「リベンジバトル」は、1Gの純増が2.8枚、1ラウンドのゲーム数が18G、継続率が77~98%の継続率管理型AT。

各ラウンドのラスト8Gでは継続バトルが展開し、主人公のヴァンがロボットバトルで敗れなければAT継続、敗北でAT終了となる。(バトル演出の詳細は後述)

7ラウンド毎に敵の種類が変化し、50ラウンドを超えればスペシャルエンディングが発生するようだ。

AT中はレア役が出現せず、ゲーム数の上乗せも一切なしだが、その分1ラウンドの継続率が高く、平均連チャン数は7連と連チャン性能に優れている。
また、7の倍数ラウンドはAT継続確定となる上、継続率アップ抽選も行われるぞ。

ちなみに、AT中は逆押しカットインからカギ爪図柄が揃うと「OVER FLOW」(詳細は後述)に突入するため、大連チャン獲得のチャンスとなる。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

バトル演出の流れ

★バトル演出の流れ
バトルの流れは以下のとおりで、最終的にヴァンが倒れなければAT継続確定。
なお、敵の種類は7ラウンド毎に変化し、キャラによって継続期待度が変わることはない。

■1【先制攻撃キャラが決定】
3G目にヴァンのアップになれば、ヴァンが先制攻撃&AT継続確定。

敵のアップになった場合は敵の攻撃が発生。

■2【敵の攻撃】
敵の攻撃は3パターンで、強攻撃(ビーム)≪中攻撃(武器で攻撃)≪弱攻撃(パンチ)の順に継続期待度がアップ。



■3【敵攻撃を回避or被弾】
攻撃を防御できればAT継続。

被弾した場合はAT終了のピンチ。

■4【最終ジャッジ】
敵攻撃を被弾しても、ヴァンが倒れずに立ち上がればAT継続。

倒れてもレバーONで復活演出が発生すればAT継続、発生しなければAT終了となる。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

バトル中の注目ポイント

★バトル中の注目ポイント
■先制攻撃キャラ決定前にタッチ演出発生
AT継続期待度アップ。

■ギミックの目が光る
バトル中は、いつでも液晶右にあるダンギミックの目が光れば継続確定

■助っ人登場
仲間キャラが助けに来れば、その時点で継続確定


■復活演出
登場するキャラはウェンディとエレナのどちらかで、後者なら高継続率に期待できる!?

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

AT終了画面では継続率の確認が可能

★AT終了画面では継続率の確認が可能
バトルでダンが倒れてAT終了画面が表示されたら、十字キーを上→上→下→下→左→右→左→右の順に押し、最後にチャンスボタンを押してみよう

すると、液晶左上に当該ATの継続率が表示されるぞ。

表示される文字は5種類で、下記のように継続率に対応している。

■モードS……継続率98%
■モードA……継続率95%
■モードB……継続率91%
■モードC……継続率84%
■モードD……継続率77%

なお、上記コマンドの入力に成功しても、液晶表示が「MODE?」のままなら復活演出発生確定につき超激アツだ!!

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

「OVER FLOW」概要

★「OVER FLOW」概要
AT中にカギ爪図柄が揃うと「OVER FLOW」が発動。

「OVER FLOW」は3ラウンド以上継続し、発動中はバトルで負けることがなくなる

また、発動後4ラウンド目以降は50%で「OVER FLOW」が継続するため、ATロング継続の大チャンスとなるぞ。

なお、「OVER FLOW」中に再びカギ爪図柄が揃った場合は、3ラウンドの継続保証が上乗せされる。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

AT中のキャラクター変更について

★AT中のキャラクター変更について
ATの2ラウンド目以降は、十字キーの左右ボタンを押すと前半パートの背景キャラを変更できる。
どのキャラを選ぶかによって、下記のようにバトル中の演出バランスが大きく変わるぞ。

■ヴァン……スタンダードタイプ。バトル中は様々なポイントで継続告知が発生する。

■レイ……現在調査中。

■エルドラチーム……防御重視タイプ。バトル中は「攻撃を受ける→耐える」という形でAT継続となるケースが圧倒的に増えるため、バトルの最後まで期待感が持続する。

■プリシラ……攻撃重視タイプ。AT継続時は超高確率でヴァン先制攻撃が選択されるため、AT継続を最も早く察知しやすい。逆に、敵の先制攻撃が発生した場合は高確率で敗北につながる。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

復讐モード

★復讐モード
ATが3連続で単発終了すると「復讐モード」に突入。

「復讐モード」中は、次回ATの継続率が優遇されるなどの特典がある模様だ。
また、ATが4連続で単発終了した場合はさらなる恩恵がある!?

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

設定判別法

基本スペック

★基本スペック
AT初当り確率で設定の高低を推測していこう。

■AT初当り確率
設定1:1/248
設定2:1/240
設定3:1/222
設定4:1/216
設定5:1/198
設定6:1/185

■機械割
設定1: 96.8%
設定2: 98.9%
設定3: 99.5%
設定4:103.1%
設定5:106.5%
設定6:110.2%
※各数値は独自に入手したものです

解析:ボッチshino

設定6は約5万円勝てる

★設定6は約5万円勝てる
丸一日、同一設定台を打った場合の期待収支は以下のとおり。

■期待収支
設定1:-15360円
設定2: -5280円
設定3: -2400円
設定4:+14880円
設定5:+31200円
設定6:+48960円

※等価交換、8000Gで機械割より算出

解析:ボッチshino

基本情報

コンセプト

★コンセプト
『ガン×ソード』は、2005年に放映された同名ロボットアニメとのタイアップ機。
最大継続率98%のAT「リベンジバトル」は、1Gの純増が2.8枚の継続率管理タイプで、バトルに負けない限りATが継続。
上乗せを一切排除し、その分を継続率へ集約させているため、高い継続率の実現に成功している

解析:ボッチshino

演出関連

小役ナビ系演出

★小役ナビ系演出
アイテムの色などで、成立役や期待度を示唆する演出は豊富に存在。


解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

カットイン

★カットイン
ゲーム数解除のチャンス。

カットインする人数が多くなるほど期待度も上昇。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

エピソード演出

★エピソード演出
発生すれば連続演出発展に期待できる。

数ゲームに渡って継続した後に液晶が一旦通常画面に戻るが、メイン液晶がオーラで包まれていればまだチャンスは続いており、そのオーラの色が最終的に赤まで変われば大チャンスとなる模様。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

連続演出

★連続演出
連続演出は数パターン存在し、いずれも基本的に味方キャラがバトルで勝てばAT濃厚。



敗北後の復活演出もあるぞ。

解析:ボッチshino
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

新着

    カキコミがありません

閉じる
ガン×ソード

ガン×ソード

タイトル

本文

※絵文字は使用できません

画像添付

※10MBまで

カキコミ内容は反映されません。
終了しますか?

閉じる
ガン×ソード

ガン×ソード

★をタッチして満足度を採点!

スペック

演出

出玉

勝ちやすさ

一撃性

※満足度は1機種につき1度までとなります。

※満足度は1機種につき1度までとなります。

満足度は反映されません。
終了しますか?

閉じる

コメントをすべて見る

コメント

画像添付

※2MBまで

コメント内容は反映されません。
終了しますか?

閉じる

★をタッチしてカキコミを評価!

閉じる

カキコミを評価・コメント投稿をするには会員登録が必要です。(既に会員登録済みの方はログインをしてください)

投稿しました

評価しました

投稿に失敗しました

カキコミを削除しました